しっかり感じながら。

2019年7月2日おもう

(リバイバル版初回投稿:2019年7月2日)

ち込むことになるかもなぁ、と
そう思っていたこと、そっちは
変に落ち込んだりせずに
わりと素直に受け止めることできたような。
けれど
多分大丈夫なんじゃないかな、なんとかなるだろう、と
そう思っていたことのほうに
意外と落ち込んでしまった、酷く落ち込んでしまった
そんなあたしだったんだ。

そこに落ち込んでみたら
一旦は素直に受け止めたことにまでも
わざわざ落ち込み始めてしまったし。

だけど、それでも
ある程度は
分かっていたこと、予測していたこと
“やっぱり”というだけのこと。
それに
今、ちょっとつらくても、苦しくても
これ、ずっと続くわけではないんだもんね
そういう類のものではないもんね。

だから

「どうしよう」

なぁんて、あたし
そんなに大げさにしなくたって大丈夫。

「どうしよう」

と言ってはみても
きっと、どうもしない
どうする必要もない。

しばらく落ち込んで、気が済んだら、また
これまでと大きくは何も変わらず、何も変えず
やりたいことをやる、楽しむ
それだけだもんね。

それでいいんだよね。

そんな風に、あまり心配しすぎないで
そして、また少し
休むのもいいかな。
マイナスとマイナスを無理にくっつけてみたり
今ここにないマイナスを
探してひっぱってきたり、生み出したり
そういうこと、できればやめといて
それか、ほどほどにしてさ。
ゆらゆらと漂う
また少し、そんなんも
いいのかもしれないね。

いつも変わらず、そこに
キミがいてくれるんだから。
あたし、安心して
ゆらゆらすればいい
そうしてみればいいんだ。

今日もキミがいてくれて
ホント
良かった。

ホント
ありがと。