どこへ向かう?

2019年10月7日おもう

(リバイバル版初回投稿:2019年10月7日)

外・・・というわけでもないのかな、
誰もかれもが
自分のことばっか、目先のことばっか、で
人のことなんてどうでもいいんだな、って
そう思えてならないよ。
いろんな・・・
きれいごと、それらしい言葉
そういうのは見たり聞いたりすることあるけれど
でも、大抵はなんだかペラペラで
実際にやってること、やってないことは
ずいぶんと冷たかったり。

もちろん、こんな風に言うときに
あたし自身を除くつもりはない。
自分は違う、と、例外だ、と
そんなことは言わないよ。
あたし自身を除いての話、になんてするとしたら
そんなの、それこそ
ペラペラで嘘っぽい、
自分でそう思うもん。

最近、思ったんだ。
客観視、とか、客観的、なんて言葉があるけれど
自分自身のことを客観視できる人、や
物事を客観的に考えられる人、なんて
本当の意味では、果たしてどれだけいるんだろう?って。
ほとんどいないんじゃないかな、
ひょっとしたら、そもそも
誰にもできないことなのかも・・・?

そんな風に思ってみるくらいに
誰もかれもが
自分のことばっかで
自分を守るのに必死になってる。
そうして
そのことが目の前の誰かを傷つけたり
そのことで誰かに傷ついたり。

傷つけてしまったことには
気付かない
気付けない
気付きたくない。

傷つくから、なおさら
自分を守ることだけになってしまう。

他の人たちは、みんなは
それでいいのかなぁ?
なんともないのかなぁ?
仕方ないこと、と割り切れるのかなぁ?
それでも、と頑張れるのかなぁ?

キミはどう?

あたしは・・・
納得いかないなぁ。

せめて
キミとあたし
また一緒に考えることできたらいいね
考えていけたらいいね。
いつもと同じように
これからも。
この話、だけじゃなくて
どんな話も。

でね
自分のことばっか、のあたしが
キミを傷つけることがあるならば
そのときは本当にごめんね。

そのときは、ちゃんと
教えてもらえますように。