友情、ということ。

2018年1月21日おもう

の根拠もありはしないのに
今日もあたし
勝手に不安で
勝手に怖くて。

分かってる
忙しいんだよね
忙しすぎるんだよね。

分かってるよ
あたし、分かってるはずだよ。

 

だけど、やっぱり
・・・ごめん。
自分が何をやらかした、という覚えもないけれど
それなのに、あたし

「嫌われちゃったんかな」

なんて、そんなこと思ってしまって。

そんな思い込みで
苦しくて
泣きそうになってて
今日もそんなあたしで。

 

キミに嫌われてしまったら・・・
そんなん考えて
想像だけで泣いちゃうあたし、なんて。

嫌われちゃっても、それでも
自分は相手を想っている、
その気持ちが確かならば
それでいいじゃないか、なんて
想ってるだけなら勝手に想ってていいよね、なんて
そんなことを言ってみたことあるけれど。

これ、かなり
ウソだったかもしれないね。

 

1か月連絡がない、って
やっぱりあたしにはけっこうしんどいみたい。
未だに、少しも
慣れることできないや(笑)。
それがキミだけでない今だから
なおさらしんどい。

んで

「嫌われちゃったんかな」

って発想になってしまう自分も

「そんなことないよ」

とまた言わせてしまうかもしれない自分も
どっちもあたし
好きじゃない。

 

今でもこんな風にすぐ
ここに入り込んでしまって
出口、なかなか見つけられないでいて。

それでも
自分が倒れてしまうことないように
なんとか歩くのをやめないように
そこだけ・・・
あたし、そこだけに必死だよ。

 

こんなあたし、かなり
鬱陶しいな(笑)。
自分ではそう思うんだよ
こんな奴めんどくさい!って思うんだよ。

それでも
そういったこともある程度は

「仕方ない」

って思った上での
キミとあたし、“友だち”なんだとしたら。
あたしは
・・・とても嬉しい。