まるで恋するように。

2018年2月18日おもう

葉届け合って
仲良くなって。
もっと言葉届け合って
お互いを知っていく。

そうして、いつしか
自分にとっての、その人が
とても大切な人に
かけがえのない人に。

そうして、いつの間にか
毎日その人を想っているあたしがいる。

 

話していると、あたし
とても楽しくて
とても嬉しくて
とてもあったかくて。
なんだか、とてもとても
ほっとしちゃうんだ。

だから
いっぱい会いたくなって
もっと話したくなって。
んで、多分
ここまでは・・・大丈夫、なんだよね。
これが
会わないと不安になっちゃう、とか
話さないとイライラしちゃう、とか
そうして相手を探し回ってしまうような
探さずにはいられないような
そんな風になってきちゃうと
ちょっと危険信号、な感じ(笑)。

もっと、もっと、なんて
どうしてあたしはそんなに
欲張りたくなっちゃうんだろうね?

 

深呼吸をして・・・
できるだけ、でいいから
気持ち、落ち着けて。
そして、あたしはこれまでと何を変えるわけでもなく
相変わらず
自分のやりたいこと、やると決めたこと
自分なりに頑張っていこう、と思う
そうしたい、と思う。

その上で成立している
自分の気持ち、と、相手とのいい関係
それがいい、って思う。

 

キミと、って考えたときと
同じではないけれど
似てる、かもしれないね。
キミがいて、その人がいて
あたし、こんな風でいられて・・・
なんだか幸せすぎるんかもしれないよ。

勝手に幸せ感じちゃってるけれど
ちょっと妄想入ってるかもしれないけれど
今日もやっぱりこんなあたしだけれど
大丈夫・・・だよね?

今に始まったことでもないか(笑)。