手をつないで。

2018年2月26日そら

たしへの想いや考えは
少しも変わってはいなくて。
あたしのこと、いつだって
大切に思ってくれていても
もしかしたら、ずっと
愛してくれているのかもしれなくても。

「話したいのに、どうして話せないの?」
「なんで分かってくれないんだろう」

なんて、あたしはまた
勝手に不満に思って
そんな自分はきっと嫌われてしまう、と
いや、本当はもう嫌われちゃってるのかな、と
今度は不安になって。

そうやってあたしは勝手に
淋しくて
悲しくて
だんだんイライラしてきちゃって。

 

こんな風に、あたしは相変わらず
まるで自分のことしか考えていないわけで
そんな自分に絶望的な気分になって
立っていることさえできなくなることも。

それでも
不満と不安が暴走してしまったあたしは
すごく大切に思ってきたはずの、自分の支えにもなっていたはずの
その関係を、その信頼関係を
ぶち壊すまで・・・止まることができない?

これ、仕方ないのかなぁ?
いや、そんなはずないよね
相手を想う、って、そんなんじゃないよね
もっと違うなにか、こう・・・

最近のあたし、そうやって
ぐるぐる、ぐちゃぐちゃ、と
ずっと考えていたのだけれど。
けれども、少しも冷静じゃなくて
冷静になれなくて。

そんなんで、いいアイデアなんて・・・
これっぽっちも出てくるはずもなかったよね。

 

やっぱり、あたしは
少しも優しくなんかないよ。
こんな風に、いつだって
自分のことしか考えてなくて
すぐに不満、で
すぐに不安、で。
心の中ではいつだって
相手を、世の中をにらみつけてるような
そんなイヤな奴で(笑)。

だけど、そんなあたしの言葉が相手のフィルターを通って

「優しいんだね」

になって返ってくるとき
あたしはその言葉に
その人の優しさに
すごく救われている、って思う。

あたし、ただそれだけだよ
それだけでしかないよ、あたしは。

 

今、

「話したい!」

と思ったときに話せないのは
むしろいいことなのかもしれないね。
ベタベタしてしまう自分、依存してしまう自分に
危機感を持ちながらも
自分からはうまく離れることができずに
ちょっと苦しくなっちゃってたから。

やっと少し

わああぁあーっ

ってなっちゃってたのが落ち着いて
けれども、想いが少しも変わらないのは
あたしもまた同じで。

少し落ち着いてきたから
これでやっと・・・
本当に心休めること、できるかな(笑)。

 

いつだって
励ましてもらってるのは
優しくしてもらってるのは
勇気もらってるのは
あたしのほうなんだよ。
また、お互いに自覚ないパターン?(笑)

ありがとうね。
ずっとずっと
こんな風に
歩いて行きたいね。