予感。

2018年5月25日おもう

との 共依存
あまりにも苦しかったから
母と離れた今でも、まだ
苦しさを感じることあったりするから。
それでも人に依存せずにはいられない自分、とか
自分に依存してくる誰か、とかに
強く強く警戒心を抱いてきたけれども。

いい依存のしかた、みたいなやつもある、
そう考えるのもいいかな、なんて
そういう依存のしかたをさせてもらえる相手に出会えたのかも、なんて
最近はあたし
本当にちょこっとだけなんだけれども
そんなこと考えたりするよ。

 

お互いに支え合っているようで
実は、相手を支配しようとしたり
相手に支配されたり。
あなたのために、と気持ち押し付けて
自分を犠牲にして
そこに自分の意味を探そうとして。

そうして、見えない鎖で
ぐるぐる、がちがちに巻かれて
身動き取れなくなって。
お互い、相手のことが
大好きなのに、大切なのに
足を引っ張り合う、一緒に堕ちて行く。

あまりにも苦しい関係
未来のない関係。

 

今でも、あたし
すぐに人にべたべたしてしまう、依存してしまう、
そんな自分はまるで寄生虫のようだな、と
そんな風にしか生きられないのかな、と
そんなことを思ってきたけれど。

でも、一緒に滅ぶのではなく
次に話すときに、会うときに
お互いが相手に

「頑張ってるじゃん!」

って言えるといいな、
そうやって認め合える相手と
遊ぶときも思いっきり!遊べるといいな、
いろんな話をしたいな、どんなことも話してみたいな、
そうやって話す日を、会う日を想って
それまでじゃあ、もうちょい頑張っておくか、とか
そうやって話した日を、会った日をチカラに
次のときまでまた頑張るか、とか・・・
それならいいなぁ、って
そういうのがいいなぁ、って。

そんな風に依存させてもらえる相手と運良く出会えたから
最近は、以前ほどには
依存する自分
イヤにならずに済んでいるんだ。
んで、それってきっと
これまでのキミとのことが、ここに結びついたんじゃないか、って。
そうしてたどり着くことできた、
そうして呼ぶことできた、
ちょっとそんな気も・・・するかも。

 

ありがとうね。
なんだか、最近
ひょっとしたら
キミとはもう話せないんじゃないか、話すことないんじゃないか、とか
あたしの気持ちがキミから離れる、ってことも・・・?とか
そう思うこともあったりなかったり。
もし、そうだとしたら、それは
とてもとても淋しいことだけれど

でも
キミの言葉に
キミの姿に
キミの存在に
本当にたくさん助けてもらったから。
だから、あたし
またいっぱい泣くかもしれないけれど
でも
変わらず頑張るよ。うん。

ありがとね。
本当に本当に
ありがとうね。

 

って、あたしの勘、なんて
ちっともあてになんないしさ。
また

「そんなことないよ」

って言われて
笑っておしまい、が一番いいけどね(笑)。