実感。

2019年11月23日おもう

(リバイバル版初回投稿:2018年9月3日)

よいよ忙しすぎるキミと
少しもやりとりできないこと、そんな時間、って
こんなにもつらいんだね。
すごく淋しい、とか
嫌われちゃった?って不安、とか
こんな思いをさせるなんて!っていう勝手な不満、とか。
そういうの、そういうのは
分かっていたつもり。
けれど、こんな風に
全体的に頭が働かなくなったり
“うつ”のほうに引っ張られたり
それくらいに
孤独、不安、不満に振り回される、
あるいは
空っぽな自分、だなんて。

そんなで、あたし
今日も思ったんだ。
そっかぁ・・・
10年以上も、いつだって
あたし
キミに
ずっと支えられていたんだね
支えられてきていたんだね。

「やっぱりそうだったんだ」

って気持ちと

「ああ、そうだったのか」

って気持ちと。

今ごろになって
ようやくのここ、
ずいぶんと時間かかってるよね(笑)。

頭ん中で考えてるだけじゃ
少しも見えてなくて、分かってなくて
こうして言葉にしてみても
まだまだ見えてない、分かってない
そんなことがいくらでもあって。
実感として感じるのなんて、ずっと後、
そういうこと
少なくないのかな。

でね、今度
キミと話すとき
またやりとりできるときが来たときに

「いつも、ずぅっと、ありがとう。これからもよろしく頼む」

そう言いたくなってるよ
今のあたし。
ちょっと鬱陶しいかもしれないけど(笑)
でも、また

「おう」
「気にすんな」

そう言ってくれると
すごく・・・嬉しいんだけどな。

あたし、今は少し
平気だから。
友だちのおかげで
笑って過ごせているから。
そうして、やっぱり
自分のこと
頑張っとくから
楽しんどくから。

んで、ときどき・・・ときどきだけ
キミにメールするね。