おもう

毎日のように顔を突き合わせていても 声を聞いていても。 心の距離はずいぶんと遠く離れてる そんなこと、いくらだってあるのだと思う。 そんな中 住んでいるところはちょっと離れていて いつでも簡単に会える、ってわけにはいかなかったり まだ一度も ...

そら

あたしへの想いや考えは 少しも変わってはいなくて。 あたしのこと、いつだって 大切に思ってくれていても もしかしたら、ずっと 愛してくれているのかもしれなくても。 「話したいのに、どうして話せないの?」 「なんで分かってくれないんだろう」 ...

おもう

言葉届け合って 仲良くなって。 もっと言葉届け合って お互いを知っていく。 そうして、いつしか 自分にとっての、その人が とても大切な人に かけがえのない人に。 そうして、いつの間にか 毎日その人を想っているあたしがいる。   話 ...

おもう

友だちを想う、ってこと あたしに何ができるわけでもなくても ・・・やっぱりこんな言い方しか思い付かないけれども せめて誠意を持って接したい 今のあたし、そんな風に思うよ 自分のために、ね。 けれど、それって実際にはどんな?って 何度も繰り返 ...

おもう

「人と人は写し鏡だから」 少し前にキミが言ってた言葉。 昔、誰かも同じこと言ってたなぁ、と 思い出しながら聞いてた。 最近、別の友だちとも 「鏡」ってこと話してて・・・ なんか、今のあたし そこ、なのかな。   人と人は写し鏡。 ...

おもう

淋しがりなあたしが 今日もうっかり淋しくなってしまって 泣いていたら。 嬉しい言葉を、嬉しすぎる言葉たちを そっと置いていってくれた人がいたんだ。 淋しくて泣いてたあたしのことを知ってたはずもなくて たまたまそのときだった、というだけではあ ...

おもう

今日ね、ふと 思ったんだ。 何かを信じる、とか、誰かを信じる、とか それ以前に 自分を信じる、とか・・・ それができる、できない、って 気持ちの強さ みたいなことなのかと思っていたけれど。 なんていうんだろう 「積み重ね」 そんな言葉が思い ...

おもう

昔のあたしは 今よりよっぽど人付き合いが上手だったかもしれないけれど。 人を傷つけてしまうことが怖い、というわりには 意外に平気で人を傷つけて そのことからいつだって 目をそらし、逃げていたような。 そんな自分のこと 好きになんてなれるはず ...

おもう

キミとあたし、今 同じほう見て話してる。 キミは理性でそっちから あたしは感性でこっちから。 絡まっちゃった糸を少しずつほぐしていくように それぞれ抱えた想い、伝え合いながら。 そうしてひとつのこと 一緒に考えてる。   人と人 ...

つづる

少しずつ、少しずつ、ではありますが 気持ち落ち着いてきて、前向きになってきて 元気も取り戻して来ています。 あまり食欲がなく(夏バテしなくても、気持ちのほうでこんなですw) ほんのすこ~しだけ体重落ちたり、もしましたが でもまぁ、その前はち ...