支配。

2019年4月2日黒い星

(リバイバル版初回投稿:2019年4月2日)

おととい、いつもと違ってヒトがあまりいなくて
とても静かな景色になってた近所の遊歩道を散歩していて。
空の写真を撮りながら・・・あたし、思った。

「お母さんに空の写真、メールで送ってみる・・・?」

前回、電話で話をしてしまってから
そろそろ1か月。

「ひと月に1度くらいは話したい」
「会いたいよ」

と言われてしまって、それからずっと
悩んで、怯えて。

でも、それだけになってしまって
なんにも前へは進めていなくて。

でも、おとといはなぜか・・・
そんな風に思ったんだ。

あたし、やっぱりまだ
母とはやりとりしたくない、というか、出来る状態ではない、というか。
電話で話してしまうと、言いたいことを何ひとつ言えず
苦しくなってしまうだけで。
会う、となれば、コトバだけでなく
表情までウソつかなければならなくなる。

メール・・・そうだな
メールくらいだったら少しは頑張れるのかな、って。
どれくらい関わって、どれくらいかわして、を
電話や会うことよりはずっと、考えやすいはず、と思うし。

あたしにしがみついてくる母に対して
罪悪感とかそういうものから相手をする、助ける、
母のためにあたしがすることって
そんなことじゃないと思うから。
というのは・・・あたしが自分を正当化したくて言ってる
都合のいい言い分なんだろうか?

空の写真を送って
自分はそこそこ元気だと伝える、
さらに、少しでも母の癒しのようなモノにもなるのなら
言うことないんだけど。

空の写真撮れたら送るよ。だから電話や会うのはもう少し待って・・・

そうやって言ってみようか、と考えるところまではしても
実際に伝えようと思うと
なんでこんなにもムズカシイのかな。
母の反応が予想しきれないから、というか、予想できてしまうから、というか・・・
だから、かなり勇気がいったり、気が滅入ってしまったり。

お母さん、お願いだからもう
あたしを責めないで。