こんなにもずるくて醜くて。

2019年5月12日気ままーる

(リバイバル版初回投稿:2018年1月17日)

ついに(?)これ関係の話を書くときが来た、ってことなんかなあ。
書いて・・・そのあとの自分が
なんだか想像つかないけれど。

あたし、もうそこそこ長いこと
旦那さんとは仲良く出来ない状況が続いていて。
少しずつそうなっていった、ってのはあるんだけど
決定的に何かが自分の中で壊れたような気がしたのは
去年の12月くらい、かなあ。

ってまた、かなり大げさな書き方しちゃってるけどね(笑)。

「あ~~~っ、もうダメだ~~~っ!!」

って思ってから、それまでも体調悪かったけど
それ以上に体調崩しちゃって・・・それも一気に。
ああ、って思うヒトは思うのかな
過食に過食を重ねて、ついに
体重も110キロ近くにまでなってしまっていたのがその頃だったり
かと思えば、次はほとんど何も食べること出来なくなっちゃって
1か月の間に体重が10キロくらい落ちたり。
(我ながら、なんて極端なんだ)

気持ちの乱れ方もひどくって
毎日のように叫んで暴れて
力ずくで取り押さえられたり・・・(汗)。
あー、ひどかったなあ、あの頃のあたし。。。

んで、「いつか離婚しよう」って気持ちを抱えつつ(汗)
家庭内別居状態のままずっと過ごしてきたわけなんですが・・・
・・・最近ね、ちょっと疲れてきちゃったかも。
何に対してかって
・・・旦那さんに対してずっと怒りの感情を持ち続けていること、っていうんかな。

旦那さんが間違ってる、間違ってない、は別として
あたしはもう旦那さんのこと、嫌い、許せない、って思ってて
だから、同じ家の中にいてもほとんどしゃべることないし、目も合わせない、
いちいちいつも腹が立ってしまって、ものすごくぐちゃぐちゃで醜い感情抱えてたり。

「このヒトとはもうかかわりたくない」

そう思ってる一方で・・・

旦那さんが毎日働いて、お金稼いできてくれているから
生活できるあたしがいる。
何年も前にあたしのワガママを押し通して買ったマンションに住んでいられたり
これが欲しい、あれが欲しい、って思ったときに、それを買うことが出来たり
食べるものにも困らない、着るものにも困らない
生活にも特に困ってるってわけじゃない
思い立ったときに東京へ、大阪へ、と行くことだって出来る
働くわけでもなく、毎日
ネットで遊んだり、空の写真撮ってたり
カラオケしに出かけたり、運動して汗流したり。
そうやって好きなことをして過ごすことが出来るあたし。

旦那さんのおかげで、今あたしが自由に好きなこと出来る、
それは事実として認めないといけない、よなぁ。

前までは。
離婚したいんだ、って言っても
話し合うことすらしない旦那さん
もう知らない、そんなんだったら
利用するだけ利用させてもらう、そう思って・・・
・・・そう思うことにして・・・?
そうやってきたんだけど

やっぱりさ、そんなあたしだって
多かれ少なかれ罪悪感はあるというか。
どうしたってときどきは
自分がものすごくずるくて、汚くて、くだらない人間だと思い知らされる。
あたしなんていなくなってしまえばいいのに、とさえ思う。
その罪悪感ってやつを抱えつつも
旦那さんに対しては全て、怒り、っていう感情を基本にして動いてる、っていうんかなあ?
それが・・・それが最近疲れてきたというか。

怒り続けているのもしんどいよね、やっぱり。
かと言って、完全に「どうでもいい」って思うのも
意外に難しいようで・・・。

だったら「怒る」のをやめて歩み寄ってみれば・・・ってなるんかなあ?
でも、それはイヤっていうか・・・なんていうか・・・
意地はってるだけなのかもしれない。
でも、今こちらが譲歩してみても
結局また同じパターンで「ダメだ~」って思うのは目に見えてるから・・・。

じゃあ、離婚するべく具体的に動くことを考えるか、って言っても
そこはあたし、本当にだらしないというか情けないというか。
夏に友達に相談したとき
その友達はあたしの様子を見て、具体的な話をしだして。
でも、それ聞いてたら・・・あたし、ダメだった。
とても聞いてられなくて、苦しくなっちゃって。

「ごめん、(この話は)やめよう」

そう言わずにいられなかった。
なんかそれで

「あー、あたしってこんなんじゃとても離婚できないなあ」

って悟ってしまったような気がしました。

あたしって本当にずるいんだろうな。
今のこの状況、状態さえなんとか受け入れれば(って言い方でいいんかなあ?)
こんなに快適な暮らし、ないんだろうな、って
確かにそう思ってるし・・・。
でも苦しい、疲れた、って思ってるのも確かで・・・。

なんなんだろう、あたしって。
なんでこんなに醜いんだろう?
本当にあたし、ダメすぎる、くだらなすぎる。

逃げたい、って思ってしまうのもまた
あたしのずるさ、なんだろうな。
そういう自分に一番疲れる。