こんなにも窮屈な考え方。

2021年3月18日黒い星

[リバイバル版初回投稿:2021年3月18日]

どんなこともそうだけど
自己満足で終わらせない
これってなかなか難しいよなぁ、って
最近そんなことをよく考えたりする。

いや、そうやって考えすぎるから
難しくなっちゃってるだけで
実際はもっと単純、本当にシンプルだったりするのかもしれないけれど。
少なくとも今のあたしには難しいと思えたり、
出来てない、自己満足で終わってしまってるかも、と思えたり。

例えば・・・
何か頑張っていることがあるとして。
自分が頑張ってる、と認めること、これは
きっと大事なんだよね。

けれど、ただの自己満足になってしまうと
おそらくそれ以上の何かを手に入れたり、それ以上の場所に到達したり
そういうことが望めないのだと思う。
この状態って・・・
なんだか現実逃避とも似ているような。

また、こんなことではどうだろう。
いろんなヒトと関わって、やりとりをしていく中で
絶対に遭遇することだと思うんだけど・・・
相手の立場になって考えてみる、とか
相手の気持ちになって、とか
自分がそのヒトだったら、とか。
あたしね・・・それって結局は
無理な話だよなぁ、なんて思っちゃって。
自分はどこまでいっても自分、というか
相手の気持ちになって考えているつもりでも、やっぱり
それは自分でしかない、というか。
自分の立場、自分の側からしか考えること、出来ないような気がするんだ。

目の前の誰かが、過去に自分も体験したことのある
同じようなことで苦しんでいたとしても
そのヒトの苦しみはやっぱりそのヒトのモノでしかないから
「よく分かる」わけでもなければ
こうするといいよ、って具体的なアドバイスが出来るわけでもなく。

というのは、最近
母親と話す機会があってつくづく感じたことだったりはするんだけどね。

誰かに何かを伝えたい、伝えたい何かがある、と思ったときも
それが本当に「伝えたい」のか
それとも、ただ「言いたい」だけなのか。
そこもまた自己満足で終わるか、そうじゃないのかが
分かれるところのような。

なんだろう
「伝えたい」って「相手」がいてこそ思うことだから、って表現でいいかなあ
だから、その「相手」がいる状態で
「言いたい」だけになっちゃってたり
「押し付け」にしかなってなかったり
もっと言えば「自分の思い通りにしたい」気持ちが見え隠れしたり。
そうなってくると、もうそれは
親切でもなければ愛でもなく。
一見それに似たモノの押し売り、というか。
どんなにこちらが一生懸命考えた結果のコトバだったとしても・・・
それが自己満足の域を出ていないうちは
それはやっぱり、相手への気持ちではないのでは、なんて。

これもまた最近
激しく落ち込むきっかけになった出来事から
改めて思ったことだったりするけど。

相変わらずこんな風に
理屈ばかりを並べていて。
だったらじゃあ、あたしはどうするっていうのさ?って考えると
・・・う~ん、と唸ってしまうだけだったり。

とてもじゃないけど、あたし
優しい人間、とか、思いやりのある人間、とか
そんなモノにはなれそうにないよ。
もちろん「自分は冷たい人間だから」というところで
納得したくもないけれど。


こちらは過去記事のリバイバル版です。リバイバル版は投稿の際、元の記事・コメント(ディスカッション)に色または色の文字(伏字*を含む)、色の取り消し線  で修正等を加える場合があります。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ (ブログランキング・にほんブログ村)

本日は遊びに来てくださりありがとうございました。
よろしければ応援してやってください。とても励みになります

Posted by まさえ