2021.7.29 ピアノ インプロヴィゼーション

2021年8月7日インプロ(即興演奏)

ここのところ、よく泣いています。と言っても、悲しいこと、つらいこと、嬉しいこと、感動すること、悔しいこと、あまりに腹が立つことなど……そういった何かがあって泣いている、というような話とはちょっと違って。

うーん、どう表現したものか。……自分らしく頑張って生きていこう、めげずになんとかやっていこう、ということを自分の中で確認するたびに涙が出てきてしまう、とでも言えばいいのかなぁ。わたしは本当にちっぽけで、何者でもなくて、いつまで経ってもダメダメで、どこまでも情けなくて。ネガティブ思考ということではなく、開き直りでもなく、そういうちっぽけな自分をできるだけそのまま眺めて、そのまま認めようとするとき、そしてそんな自分でも生きていくんだということを“決意”するのではなく、ただただ“確認”(?)したり思ったりするようなとき、わたしはなんか泣けてきちゃうんですよね。

生きようとすると泣けてくる……ここ、セットになっているみたい、少なくとも今のところは。この涙はどういった感情なんだろうなぁ。快・不快ということも言えない感じ。

そういえば以前こんな記事を書いたな、とふと思い出しました。5年前の記事になるのか。

このときは「悲しみや恐れ、絶望感にも近い気持ち」と書いているし、このときの涙と今の涙が同じってわけではないんだけど、でもなんか近いところにあるもののような気もする……。「こころの深いところからわき起こってくるような」というあたりでそう感じるのかなぁ。どうなんだろ。

涙が出てくるときの感じを頑張って表現してみました。今日こうして書いたことが自分に起きていることと大体合っていそうかどうか、この後ももう少し自分に聞いたり、内面を見つめたりしていくことになりそうです。自分が体験していることを言葉にするとき、体験を言葉で飾ったり歪めてしまったりせずに、できるだけ“そのまま描写”できるといいなと思っていて、そう努めているんだけど、これがなかなか簡単ではなくて。すぐに「体験 < 言葉で表現したもの」や「体験 ≠ 言葉で表現したもの」になりそうになるよね……。

ところで、先週またピアノのインプロに取り組んでみました。それを載せようと思います。

先日、次回の「インプロの旅をたどる」で取り上げる予定の過去音源を聴き返していたら、からだに何か「あっ(そうか!)」という感覚がありました。「こういうふうにインプロやればいいじゃん」というのが分かったというか、過去の自分(の音源)に教えられたというか。そして「あっ」と思ったそのからだでピアノのところまで行ってインプロを弾いてみたら、今回はもやもやしないで弾けました!

インプロもやもや期が終わったのか、それともたまたま今回はそこから出られただけなのか、今はまだ分かりません。だけど、自分の位置や音との関係が分かりながら弾くことができているときの“ある感覚”というのがあるのですが、それを感じられる時間は本当に貴重だなと改めて思いました。今回そういう時間をまた過ごすことができて本当に嬉しかった。

久しぶりに音と、ピアノと、そして自分自身と“出会えた”ような、そんな日そんな時間でした。

  1. 2021.7.29 Piano Improvisation 01 mimu 5:11
  2. 2021.7.29 Piano Improvisation 02 mimu 2:11
  3. 2021.7.29 Piano Improvisation 03 mimu 2:52

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ (ブログランキング・にほんブログ村)

本日は遊びに来てくださりありがとうございました。
よろしければ応援してやってください。とても励みになります

Posted by まさえ